HUBLOT 正規代理店 ブルーデンス 福岡
HUBLOT 正規代理店 ブルーデンス 福岡

2016.04.14

HUBLOTの好きなところ・・・


Kiryu 投稿者: Kiryu

DSC06737

皆さんご無沙汰しております、スタッフのKIRYUです。

 

突然ですが、私、ブルーデンスに入社して丸一年が経ちました。同時に毎日ウブロに囲まれて1年になりました。それはもう幸せな日々を過ごさせてもらっています。

 

というのも、私自身、自他ともに認める(?) 社内一のウブロファンなのです。ファン歴は高校1年生の時から早7年。お客様にウブロを購入していただいた際には自分が購入したかのように喜び、長らくお待たせしているお客様オーダー分のウブロの入荷があると自分のものが届いたかのように喜んでいます。

 

今回は、そんな私が1年間毎日ウブロに囲まれて感じた、ウブロの好きなトコロを超主観でお届けいたします!!

 

その①

「ベゼルの反射具合」

これはある角度になった時、ベゼルのみが反射して見える事を言います(私が勝手に)。表面が艶ありでも艶消しのモデルでも共通して現れ、この現象を見ると改めて「あぁこれぞウブロ、なんてかっこいいんだ」とうっとりしてしまいます。

例えば、こちら弊社スタッフTATSUYA (TSUTAYAではないですよ) の仕事風景。通常はこのように素敵に時を刻んでいるウブロ。

 

dsc07433

 

ところが、TATSUYAが腕を動かした瞬間、

 

dsc07432

 

あっ!!!

 

同じくショールーム内で佇むTATSUYAウブロ。

 

%e7%84%a1%e5%8f%8d%e5%b0%84%e3%82%a6%e3%83%96%e3%83%ad1

 

目線を少しずらしてみると、、、

 

%e5%8f%8d%e5%b0%84%e3%82%a6%e3%83%96%e3%83%ad1

 

ああ~~~!!

 

かっこよすぎる。

 

いかがでしょう、僕はこの現象を「ベゼルの反射具合」と呼んでいます。この現象、有名人がテレビなどで着用していても確認できます。僕レベルのウブロ好きになると、腕元がアップで映されることがなくてもこの現象でウブロを付けていると分かるのです。街中でウブロをつけている人ですらわかります。もう病気です。ちなみに、モデルによってはガラスの無反射コーティングが紫~青に見えることがあります。これがベゼルの反射と絡むとまた別次元のかっこよさになります。

 

これはウブロのパーツの仕上げの良さゆえに見ることのできる現象です。ビス留めされているベゼルですが、ビスの締め具合や、そもそものベゼルの仕上げの時点で波打った状態ではこの反射は起こりえません。センスだけではなく、この仕上げがあってこそのウブロのカッコよさだと思います。

 

その②

「あらゆるところに散りばめられたHロゴ」

DSC07451

 

ウブロのロゴといえば特徴的な「H」のロゴ。(いい写真が撮れました)ベゼルのビスがHロゴモチーフになっていることは有名ですが、他にも時計のあらゆるところに散りばめられているのです。

例えば、使い心地に定評のあるフォールディングバックル。ベルトを通さずに閉じた状態にすると、、、

 

dsc07437

 

あっ!「H」です!

 

お次はウニコシリーズ。

このモデルはワンタッチチェンジャブルストラップ機能が搭載されており、ベルトを簡単に脱着できるのですが、同じくバックルにも簡単に脱着できる専用品がついております。それがこちら。

 

dsc07440

 

!!!?!?!??

バックル取り外しの為のレバーまでHになってる!!!!

 

これはウニコシリーズのオーナーでないと知らないと思います。

普段は絶対見えないところですからね。

 

 

お次は問題!

 

DSC07454

 

同じくウニコシリーズの文字盤です。コラムホイールが見えててかっこよい、男心くすぐるスケルトン仕様です。

ロゴと、クロノ秒針の先にHロゴがありますね。実はこの文字盤にあと二つ、Hロゴがあるのですが、皆さん見つけられますでしょうか?

 

答えはこちら!

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c2

 

……?????

 

わからないですよね、答えはこちら!

 

55

 

ええ~~~こんなところにも~~~~!!!!

 

ウブロのこだわりは半端なものではありません。

私たちが手にする状態、つまり針がついてる状態ではわかるかわからないかギリギリのレベルです。先の画像の様に見ることができるのは、組み立てまたはオーバーホールしている最中の時計師さんだけではないでしょうか。ずるいですよね。羨ましいですよね。ムーブメントの可動部にこのようなデザインを造り込むというのはかなりの技術を要します。完全自社ムーブメント「UNICO」だからこそのデザインなのです。ちなみに文字盤の二つのH、恥ずかしながら私も半年前にやっと気が付いたばかりです。

 

その③

「UNICOシリーズ クロノグラフプッシュボタンの押し心地」

題の通りです。すごく気持ちいいです。2005年にビッグバンシリーズが発表されて7年後、自社ムーブ搭載モデルとして発表されたビッグバンウニコシリーズ。従来のビッグバンシリーズにはなかったフライバック機能の搭載や、パワーリザーブの延長、他機能の搭載に対応する拡張性、そしてなによりプッシュボタンの押し心地が格段にアップしているのです。新たな機能にはもちろん心躍る私ですが、プッシュボタンは別格(超主観)。実はこれ、ウブロが公式にアナウンスしていることではありますが、なかなか知られてないんです。

 

残念ですが、詳しく説明したいところですが文面では難しいです。。。言葉で表すならば。。。

 

 

 

「プッキッ…ン」

 

 

 

是非お店で実際に体験していただきたいと思います!

 

 

 

その④

 

 

・・・・といきたいところですが、書き出すと止まらなくなりそうなので今回はここまでにさせてもらいます。

思いつく分を順番に書き出してみましたが、私の感じるウブロの魅力、少しでも共感いただけたでしょうか?

ちなみにスタッフにこの話をしてみたところ、無言の笑顔 という反応が返って来ました。

ウブロの好きなところ、まだまだあります。今後もブログとして伝えていけたらと考えています。

 

とうことで、私 KIRYU、ウブロに対する愛を持って接客させていただきます。

ウブロが欲しい、見てみたい、腕に巻いてみたい、、、

 

是非弊社ウブロショップへお越しください!!

 

ウブロ談義なら何時間でもお付き合いさせていただきます!

 

 

*お越しの際は一度お電話いただくとスムーズにご案内できます。